架空自転車旅行社「ひとつな」

「ひとつな」の中の人であり、同人サークル「沙杏院project.」の中の人でもある石谷玲(いしや れい)が独り言をつぶやいているブログです。

お知らせ。(2016/11/15更新)

※このエントリは最上位に表示される様にヘンテコな登録日になっております。
 
私、石谷玲(いしやれい、いしや)個人の雑多なつぶやきと自転車・輪行聖地巡礼サークル「沙杏院project.」の告知がメインのBlogです。
コミックマーケットでの弊サークルの情報はこのBlogとともにWebカタログの弊サークルのページも参照願います。
ログイン | Comike Web Catalog
また、私のtwitterのアカウントはこちらです。雑談OKですがイチャモンや攻撃的なツイートはお控え下さい。
石谷玲@GSR-AACR-越後長岡CC (@R_I) | Twitter

コミックマーケット92(2017夏コミ)サークル当選しました!

f:id:R_I:20170611162515j:plain

受かりました!でも原稿書く時間が…

と言うわけで金曜日にコミックマーケット92(2017夏コミ)のサークル当落発表がありました。弊サークル「沙杏院project.」は上の画像の通り、土曜日(2日目)東地区”ポ”ブロック15bにて無事スペースを頂けました。準備会の皆さん、有り難うございました。

f:id:R_I:20170611163543p:plain

ただ、今年度から仕事が多忙になりまして、ライドにも行く時間が取れないなどちょっと大変な状態になっておりまして(実は今日6/11(日)も喫茶店で仕事してます)、新刊が出るかどうかは非常に怪しいと現時点では言わざるを得ません。頑張りますが新刊落ちた場合はご容赦下さい。

また、新刊出せた場合、今回はロードではなくブロンプトンの本にする予定です。サークルカットブロンプトンですし、実を言うとロードの本作れるほどライドの取材ができてないのです。先日のAACRの本を作るつもりでいたのですが、しんどいライドが続いた結果、写真を全く撮れずという事態で。つまり本を作る材料が揃わなかったと言うことです。取り敢えずブロンプトン本でやりたいことは一応1つ頭の中にありますのでそれを粛々と執筆しつつ、間に合わなかったら本当にごめんなさい。

それでは皆さん、夏コミ当日東京ビッグサイト東地区ポ-15bでお会いしましょう!たぶん、ぼくはいます!

フレンズチホーとJAPARI CAFEに行ってきたよ!

f:id:R_I:20170505122128j:plain

5/5(金)浅草の都産貿台東館で催されたフレンズチホーに一般参加

この日、都産貿台東館では「都産祭2017」という幾つかのオンリーイベントの合同イベントがありまして、そのオンリーイベントの中にけものフレンズオンリーイベントフレンズチホー」がありました。これに一般参加してきました。

friendsihoo.tumblr.com

最近、コミケコミティア等の大型イベントばかり参加していて、なかなか島中をゆっくり見る機会が無かったからか、色んな発見がありました。その中でも特に印象に残っているのが、アクリルキーホルダーのグッズが非常に非常に(大事なことなので略)多くなったなあと言うことでした。同人グッズとして作りやすくなったのかもしれません。しかし本当に多かった。他のジャンルでアクキー(アクリルキーホルダー)が話題になることが多かったのはtwitterで観測していて気付いてましたが、ここまで製作するサークルが多いとは。驚きました。その中でも面白いなあと思ったのが、サークル「そこそこ幸せな生活」さんのバスアタックアクキースタンド。

f:id:R_I:20170506185249j:plain

あのシーンを再現しています。これを見た時、このネタで来たか!と悔しく思いました。サーバルちゃんを別パーツにしてアームに取り付けることによりスイングできるようにしているのが本当に芸が細かい!ストラップリングが2個付いているので、ジャパリバスとサーバルちゃんそれぞれをストラップとして使うこともできます。

また、twitterでもお世話になっている十月十日ちゃんのサーバルちゃんカードスリーブも購入しました(TCGとかやらないんですけどね)。

f:id:R_I:20170505132832j:plain

他にも友人が売り子参加していたので色々話をしたり、都産祭名物の怪しげな給水所に来てみたり

f:id:R_I:20170505125403j:plain

楽しいイベント参加となりました。あ、ちなみにここのサークルの販売物もありました。

f:id:R_I:20170505124728j:plain

ちなみにこのけものフレンズオンリーイベントフレンズチホー」、第2回が決定していて、9/23(金)会場が東京ビッグサイトで1000sp募集だそうですよ!とんでもない規模になっちゃう!

同日原宿のJAPARI CAFEに!

そしてこの日、友人が東京に来ていたので、友人連れて事前に予約していた原宿のJAPARI CAFEへ。

japaricafe.jp

上のリンク、文字化けするかも。

場所が原宿のCAT STREETとまでしか知らなかったのですが、原宿や表参道寄りかと思ったら宮下公園の方でした。当日まで全然気付かなかったです。「ニューアートビル」で検索した方が良いかもしれません(なので都産貿台東館最寄りの浅草駅から銀座線に乗ってきたのですが、渋谷まで乗れば近いのに表参道で降りてしまいました)。

f:id:R_I:20170505151449j:plain

鋭角に曲がる交差点の角にJAPARI CAFEがあるのですが、その角にある看板がこれ。ただ単なる版権絵で済まさない辺りにお店の意気込みを感じます。このお店、期間限定と言いつつ来年の春頃まで営業するとしています。今は空前のけもフレブームの真っ只中ですが、これが一年持続するかどうかは未知数。是非とも頑張ってほしいものです。

で、ここを曲がると玄関です。

f:id:R_I:20170505151501j:plain

f:id:R_I:20170505151849j:plain

玄関前の立て看板と壁面のイラスト。実際の干し草を配置することで、ジャパリパークにやってきたような感覚を演出しています。

f:id:R_I:20170505152030j:plain

メニューも玄関前に掲示されています。コンセプトカフェなのでお値段はそれなりです。余計な話ですが、ここ最近アニメコンテンツ等のコンセプトカフェ、増えましたね。けものフレンズに関してもつい先日まで池袋のニコニコ動画本社のnicocafeでコラボカフェキャンペーンやってました(こちらにも訪問済みです)し、6月には秋葉原シャッツキステでもコラボイベントが決定しています(というか昨年シャッツキステでJAPARI CAFEを開催していたんですね。全然知りませんでした)。またけものフレンズ以外でも様々なコラボカフェイベントが各地で開催されていて、全部回りきれないくらいになりました。アニメコンテンツ愛好者の購買力の高さなど様々な要因があるのでしょう。個人的にはこの収益でアニメ製作スタッフに少しでも還元してもらえれば光栄です。みんながwin-winとなって「たーのしー!」な業界になってくれると嬉しいです。理想論ですが。

私は「たーのしー!よくばりジャパリパークセット」を注文しました。ふーどはお野菜ごろっと彩りカレー、どりんくはセルリアンをやっつけろ!ラムネアイスソーダ、でざーとはどうぶつビスケッツ×PPPようこそジャパリパークへパフェを注文。

実は5/5現在、予約特典として貰える、けものフレンズのキャラクターが印刷されたコースターが印刷機不良により生産できないため、コースターを後日郵送して貰うか、予約金540円を引くかのどちらかを選べます。折角なので今回は郵送を希望。また、来店特典のコースターはランダムの缶バッジになっています。ちょっと紛らわしいので整理すると、

  • 予約入店(540円):コースター2枚→コースター1枚郵送+缶バッジ1個or540円返金+缶バッジ1個
  • 予約ナシ入店:コースター1枚→缶バッジ1個

こんな感じ。缶バッジはライオンでした。私ライオン役の本多真梨子さんファンなので良かったです。あのゴロゴロしたい姿と決闘やかばんちゃん救出での武闘派な姿の二面性、本当に良いですよね。

f:id:R_I:20170505153458j:plain

予約済み客の列がありそこに並んでほしいとのことでしたので並び、予約時間である15:30ほぼきっかりに入店できました。ちなみに80分制なので、退店時間は16:50と言うところでしょうか。

 内装は流石コンセプトカフェ、名シーンやキャラ絵などで彩られています。

f:id:R_I:20170505162905j:plain

f:id:R_I:20170505162908j:plain

f:id:R_I:20170505162915j:plain

よく見るとこんなところにもセルリアン。

f:id:R_I:20170505154227j:plain

キャストさんのサインもありました。

f:id:R_I:20170505154419j:plain

あとグッズ売り場の壁面にもサインがありました。そのグッズ売り場でかばんちゃんサーバルちゃんボスの3人の缶バッジとボスの缶バッジも購入。1個500円でした。

f:id:R_I:20170506185520j:plain

グッズ売り場から帰ってくると、もうふーどが来ていました。

f:id:R_I:20170505155157j:plain

f:id:R_I:20170505155123j:plain

お野菜ごろっと彩りカレー、器は作中通り木製の皿を使用しています。また、このメニューを注文すると作中ではかせとじょしゅがかばんちゃんが作ったカレーを食べるシーンのポストカードのプレゼントがあります。まさにこれが目の前にあるんですね。

f:id:R_I:20170505155819j:plain

味は「からーい!」とまでは行かず「ちょい辛い?」位の味付け。はかせとじょしゅの舌がお子様カレーを好む感じだったのかも知れません。ちなみに、友人は「すごいよ!かばんちゃん!一斤丸ごとシチューポッド」を注文。

f:id:R_I:20170505155236j:plain

f:id:R_I:20170505155246j:plain

 チーズにかばんちゃんのプリント。パンの側面にもかばんちゃんの焼き印。なかなかの迫力でした。まめてるの紐で隠れてるけど皿にも「たべないでくださーい!」と。次の機会があればこれを頼んでみても良いかな。

 どりんくがやってきました。どりんくは二人ともセルリアンをやっつけろ!ラムネアイスソーダ。

f:id:R_I:20170505155608j:plain

ラムネアイスに食べられる印刷みたいなものでセルリアンの目を印刷したものを載せてセルリアンを表現してます。ブルーハワイのシロップ?みたいなのがグラスの底に溜まっているので、良くかき混ぜて飲むようです。かき混ぜるとセルリアンの目が何処かに行ってしまいました。ところでセルリアンの中にある紅い球、サクランボはなんだろう…まさか、かばんちゃん!?かばんちゃんを返してよ!

カレーを食べ終わって皿を下げてもらって、でざーとをお願いしました。

f:id:R_I:20170505162011j:plain

このパフェはようこそジャパリパークへの初回限定版のジャケットのイラストのこれですね。

f:id:R_I:20170507013041j:plain

スターフルーツじゃないのが残念ですが(台湾ではよく食べたのですが日本じゃ入手性悪いですしね)ちゃんとメロンも刺さってます。コーンフレークの層が大きく、でざーとと言いつつシリアルを食べてるような感覚になりました。先にクリームを食べ過ぎちゃったかな…。

と言うわけであっという間に80分が経過。退店のお時間となりました。ほぼ事前予約必須なこと、アクセスの悪さ、値段の高さもあってなかなか定期的に訪問するのは厳しいとは思いますが、けもフレファンの人をお迎えする時に利用するのはアリだなあと感じました。話も弾みますしね。まあこのおじさん(私)、けもフレの話をさせると長くなってしまいますから適当に聞き流して食べて下さいね。

最後に、店内のBGMはけものフレンズのサントラと思われる曲が流れてました。しんざきおにいさんのパートのフルコーラス、ここで初めて聴きましたよ。

ルミカの新作「ルミエース3Tri(トリ)」が凄い!

f:id:R_I:20170501164402j:plain

Anime Japan2017でルミカの最新の電池式サイリュームを買ってみた

先日、3/26(日)に東京ビッグサイトで開催されたAnime Japan2017(以降、AJ)に遊びに行ってきました。このイベントは元々TAF(東京国際アニメフェア)と呼ばれたイベントだったのですが、かつての都知事とコンテンツビジネス企業とで色々ありまして、数年TAFを離れて自前でACE(アニメコンテンツエキスポ)と言うイベントを幕張メッセで開いていまして…という経緯はやめておきます。興味ある方は調べてみて下さい。

で、そのAJの会場で、ルミカの物販ブースがありまして、そこで先行販売されていた最新のルミカの電池式サイリュームに釘付けにされたのでした。

www.lumica.co.jp

ここの「お待たせしました!カラーチェンジペンライト最新モデル「ルミエース3Tri(トリ)」が登場です!」「Anime Japanで先行販売をいたしました。超使いやすい”トリガーボタン”に注目です!」「一般発売は今夏の予定!お楽しみに!」の部分がこれなんですが、表にも裏にもボタンがあり、前作ルミエース2オメガから継承された全24色のうち好きな色(使う色)のみを記憶してセレクトできる機能も健在です。 

ルミエース2 オメガ キラキラタイプ

ルミエース2 オメガ キラキラタイプ

 

今回のルミエース3Tri(トリ)はこんなスゴアイテム!

今回買ったルミエース3Tri(トリ)なのですが、

f:id:R_I:20170501164408j:plain

f:id:R_I:20170501164418j:plain

f:id:R_I:20170501164427j:plain

タイトルの画像が一番わかりやすいかな?グリップがちょい湾曲してるんです。これがとても握りやすい。そして親指が掛かる位置にセンターボタンとカラー選択ボタンがあるのは前作通りなのですが、人差し指が掛かる背面にもボタンがあり、これが今回新たに追加されたトリガーボタンなのです。これはトリガーボタンにお気に入りの1色を登録すると、カラー選択でどの色に光っていても、トリガーボタン押すだけで一発で登録した色が選択できるのです。これは面白い!例えば、UOの多いアーティストならここにUO登録しておけば不意にUO曲流れてきても即対応可能ですね。よく使う色、絶対に外せない色を登録しておくのが良いと思います。

一般発売は今夏予定

なかなかにアツい進歩を遂げた最新のルミカの電池式サイリューム「ルミエース3Tri(トリ)」ですが、私は先行販売で入手しましたが、先ほどのレポートにもあったとおり、一般発売は今夏予定とのことなので、イベントで電池式サイリュームをよく振る方は楽しみに待っていた方が良いと思います。私ももう一本欲しいです。

けものフレンズと私3

f:id:R_I:20170325174347j:plain

けものフレンズの過去記事はこちら 

cycletourism.hatenablog.com

cycletourism.hatenablog.com

衝撃的だった第11話と分かっていても感動した第12話

第11話、僕にとっては胸が締め付けられるほど苦しく辛い回でした。今までピンチらしいピンチのなかったかばんちゃん、サーバルちゃん、ボスのロードムービーが一転し絶体絶命のピンチになります。

「分かっていても感動した」と書いたのは、実は第12話放映前、けものフレンズBD付きオフィシャルガイドブック第1巻を発売日当日に(会社を昼にこっそり抜け出して川崎のヨドバシカメラまで行って)購入しまして。で、このガイドブックのたつき監督インタビューにて以下のコメントがあったのです。

あと第1話は全話の相似関係になっているようにも思います。かばんちゃんがサーバルに出会い、ゲートまで連れてってもらったところで「最終回っぽい!」と言う方もおられましたが、最後まで見た時に、それこそこれ(ガイドブック)を手にしてくれた人には、あそこの1話に全部があったのか!という気持ちになっていただける…かもしれません。

第1話の終盤、サーバルちゃんがセルリアンを倒す糸口が見つからず困っているところにかばんちゃんが紙飛行機で手助けをし、更にカバの助けもあって、サーバルちゃんとかばんちゃんはセルリアンを倒します。そして次のエリアであるじゃんぐるちほーに向けてサーバルちゃんと別れを惜しみ振り返りつつ最後は自分の脚で旅立ち…と思いきやその後もサーバルちゃんが一緒に付いてきてくれることになりました。それが相似形であるとしたら、おそらくこうなるであろうという仮説を立てました。

  • 困ったところに過去に出会ったフレンズが助けてくれる
  • 最後はかばんちゃんはジャパリパークから旅立つ
  • サーバルちゃんが付いてくる

これが実際どうなったかはみなさんご存じだと思います。また、旅立ちに関しては「けものフレンズ」OPの「ようこそジャパリパークへ」の最後の歌詞にもEDの「ぼくのフレンド」の2番以降の歌詞にもそれを示唆するものがあるんです。なのでこの展開は間違いないと思ってました。

ララララ ラララララ 素敵な旅立ち ようこそジャパリパーク

(「けものフレンズ」OP「ようこそジャパリパークへ」)

時が経つのは早いもので

別れの季節が顔を出す

積み上げてきたものがやけに

涙を誘うんだ

(「けものフレンズ」ED「ぼくのフレンド」)

余談ですが「ぼくのフレンド」だと、このフレーズも最終回見た後だと感慨深いですね。

つまりはこれからもどうかよろしくね

話を第12話に戻すと、1話に登場しかばんちゃんがサーバルちゃんを助けた紙飛行機を、サーバルちゃんは苦手な火を付けて飛ばします(第1話のSEそのままに)。ここのシーンを見て「ああっ!やられた!ここまで第1話の伏線だったのか!」と。ここまでは全く予想していませんでした。あのヨレヨレのパンフレットの紙飛行機は、たつき監督はじめとする「けものフレンズ」制作陣は常に私たちの想像を遙かに超えることをやってくれる、たつき監督を信じて良かった!と思わせてくれました。

 

第12話の最後のシーンでサーバルちゃんも「みんな」とともにかばんちゃんの後を追う決意をします。このツイートは第12話のラスト、かばんちゃんがバスを改造して作った船で旅立ち、桟橋の上で見送ったフレンズたちが次々に帰ろうとするシーンで書いたものです。

 この「あともう一つ足りな」かったピースは、その直後に足漕ぎ音とともに埋まることになりました。これをツイートした理由は、まさに先ほど書いた仮説のためでした。

3人が3人とも自己犠牲を決心した

横転し使えなくなったバスから放り出された3人のうち動けたサーバルちゃんがかばんちゃんとボスを助け、自分は黒いセルリアンに取り込まれてしまいます。そんなサーバルちゃんをかばんちゃんが助けるために、今までサーバルちゃんやフレンズ達に教えてもらったこと(木登りとか泳ぎも?)を駆使しサーバルちゃんを救い出した後、自分はサーバルちゃんから黒いセルリアンの目を逸らさせるために犠牲となります。そして最後に12話で、ボスは自ら火を放たれた船に残り、黒いセルリアンを海に落とすために船を動かし、海の藻屑と消えてしまいます。

今まで一緒に旅をしてきたかばんちゃん、サーバルちゃん、ボスが3人とも自己犠牲を決心したのは、ヒトならではの行動なのかもしれません。とすると、かばんちゃんはともかく、元々動物であるサーバルちゃん、ロボットであるボスまでもこのような(ヒトのような)行動に出たのは私には本当に衝撃的でした。フレンズやガイドロボットの垣根を越えたこの3人の絆を強く感じた瞬間でもありました。ただただ苦しい第11話のEDでした。癒やしに思われた次回予告のPPPまでも不在でしたし(笑)。

10回以上観てるけど必ず泣くサーバルちゃんの「返してよ!」

つい先日4/15(土)、けものフレンズ最終回見逃し上映会が昼夜2部制で催され、両方とも当選してしまったので昼からずっとけもフレ漬けになってきたのですが、そんな人前で観ても必ず泣く場面が私にはあります。第12話のサーバルちゃんとヒグマが黒いセルリアンと対峙する場面、黒いセルリアンからかばんちゃんのかばんが落下してきたのを見た時にサーバルちゃんの目が見開いてからサーバルちゃんが「返してよ!」と叫ぶ場面のサーバルちゃんの心情を察するとあまりに辛くて涙が止まらないのです。これ書くためにテレビ東京運営のあにてれで第12話観てますが今の時点で涙があふれてます。第12話を初めて見てから何回かは動悸が収まらなくて号泣しました。感情移入しすぎて冷静じゃ居られなくなってしまいました。

「困難は群れで分け合え」

第11話でアライさんがかばんさんの言葉として言った「困難は群れで分け合え」。これは未だ謎のままとなっていると思います。これを言ったのは立場的にミライさんかな?だとしたらミライさんの言葉を直接アライさんに話せるのは誰だろう、ツチノコかな?とかそういうところは追々分かるかもしれませんし分からないかもしれません。それは置いておいて、第12話ではこの島の長であるはかせとともにやってきたじょしゅが「我々の群れとしての強さを見せるのです」と言い放ちます。この後のフレンズ総登場と白抜きタイトルロゴのシーンが圧巻でこれまた涙を誘うのですが、結果としてフレンズはそれぞれの得意なことを駆使して黒いセルリアンからかばんちゃん(らしきもの)の奪還に成功しますし、前述の通りボスの犠牲もあって黒いセルリアンは海に落ち島と化し、「パークの危機」はひとまず去ることとなりました。

「不思議なこと沢山ひらめいてとても器用な」ヒトはセルリアン駆除に失敗しジャパリパークを放棄し島を去りました。一方でフレンズはこのようにセルリアンを退治し生態を保っています。この差は何だったのだろうと考えた時、それこそが「群れとしての強さ」なのかなと感じました。第11話でミライさんが「フレンズの皆さんを避難させてからとは言え、この島にあんなものを」と危惧し、そこに爆撃機らしきものの残骸が見えているところから推測すると、ヒトは必ずしも一枚岩でセルリアン退治に臨んではいなかったように思います。そのヒトの思惑のズレがセルリアン退治の失敗に繋がったと考えると、フレンズが今までセルリアンに打ち勝って生きてこれたのは「困難は群れで分け合え」たからなのかもしれません。まあ生きてこれたと言っても、セルリアンに食われて元の動物に戻ってもサンドスターの力で再びフレンズ化できるんだろうなあとも思いますので確かな事実でもないのですが…。

残念ながら現実世界、ヒトの世界はフレンズの世界、ジャパリパークのようにそれぞれ得意なことは違うからと短所を責めず長所を褒め合うような世界ではありません。困難は他人に押しつけ他人に解決させるような世界です。いいトシしていじめをやったりそんな人を擁護したりする人が少なくない世界です。「けものフレンズ」を観ていると、そりゃヒトはセルリアンに負けるよと溜息をつかずには居られないのです。その意味で「けものフレンズ」は非常にリアリティのある作品だったと私は思っていますし、共感できることが本当に多い作品だったと思っています。

 

けものフレンズ」に関する個人的な思いは今回で最後かな?また思いついたら書きます。

タイトル画像は完全にけものフレンズ沼にどっぷり浸かってしまったあと、最終回前の3/25に地元立川のゲーマーズで買った「ようこそジャパリパークへ」の初回版CDと「ぼくのフレンド」の入ったみゆはんのデビューアルバム「自己スキーマ」の初回版CDです。この時期まで初回版が残っているなんて思いも寄らなかったです。けものフレンズのブームって見極めが難しいんですよね。 

 

ようこそジャパリパークへ

ようこそジャパリパークへ

 

 

自己スキーマ【初回限定盤】(CD+グッズ)

自己スキーマ【初回限定盤】(CD+グッズ)

 

 

自己スキーマ【通常盤】

自己スキーマ【通常盤】

 

最近たまにクルクル回してるハンドスピナー

f:id:R_I:20170402001009j:plain

きっかけは電子タバコユーザー界隈から

昨年末か今年初めくらいから、電子タバコユーザー界隈で「流行る」というか「こんなものがある」程度に紹介されていたのがこのハンドスピナー。どうもクルクル回すだけの代物の様。暇な時に指ではじいてクルクル。指でつまんでクルクルしたりテーブルに置いてクルクルしたり。これの何処が面白いのか分からないなあと思ってその時は放置してました。


ハンドスピナーの使い道?回すだけw 貴族のVLOGその06

その後、電子タバコ界隈だけじゃなく色んなところからハンドスピナーの話が入ってくるようになり、セイキンさんや瀬戸弘司さんと言った有名YouTuberまでハンドスピナーの動画を作るようになり、影響されやすい私はそれじゃあと思って手を出したのでした。

手で回すと超高速回転するハンドスピナーがスゴすぎる!どれが一番長く回り続けるか検証します。


これはクセになるwww いま話題の新感覚おもちゃ「ハンドスピナー」買ってみた! / GH5 4K 60p撮影

ハンドスピナー、高いヤツは高いけど安いヤツは結構安い

電子タバコの海外通販で使ってるFASTTECHというサイトにハンドスピナーは結構あって、安い物だと日本円で数百円の物から高い物だと一万円近い物までありまして。ただ海外通販だと色々面倒なことが多いので、Amazonで探すことにしました。取り敢えず私が実際に買ったAmazonのリンクを下に張っておきますが、高い物は一切買いませんでした。高くて1,000円台。

で、回してみたら変な感覚に

何というか、自分が思った以上に、予想した以上にクルクル回るんです。ボールベアリングが入っているためなんですが、もう止まるだろうと思ってもそれから1分2分回る。その、自分の頭の中での予想と実際のハンドスピナーの回転が面白いほど違う。それを見ていると、何だか「ほええ…」という感覚になるんです。見入っちゃうと言うか。別に回すことに関して面白いとかはないんですが、何故か手にあると回しちゃう。

f:id:R_I:20170402001018j:plain

f:id:R_I:20170401203542j:plain

f:id:R_I:20170401203551j:plain

f:id:R_I:20170413123002j:plain

この感覚は一度触ってみないと分からないかもしれません。触っても分からないかもしれません。とにかく変な物です。たぶん私は飽きるのも早いと思います。でもそれまではこの変な感覚を楽しんでおこうかなと思います。

実は今日新宿で友人と会い久し振りの歓談を楽しんだ後、東急ハンズ新宿店に寄って帰ってきた(厳密にはこれを書いてる時点では家に帰り着いていません)のですが、そこでも説明員付きでハンドスピナーの特設コーナーが誕生していました。実際に試しに回せるみたいでしたので、「ハンドスピナーって何」と言う方は是非触ってみて下さい。私は海外通販やAmazonでしか情報が入ってこない状態で買わざるを得なかったので、実際に触って買うかどうか判断できるのは良いなあと思います。

 さっきも書きましたが、私が実際に買ったAmazonのリンクを張っておきます。別にこれだけじゃないので興味がある方は是非ハンドスピナーで検索して探してみて下さい。

 

 

 

けものフレンズと私 2

f:id:R_I:20170502010827j:plain

けもフレ関係の過去記事はこちら 

cycletourism.hatenablog.com

 ぼくのかんがえたさいきょうのけものふれんず

さて、この頃には私には「けものフレンズ」に関して漠然とした2つのあらすじを想像していました。

1つめは、ゆるーいシナリオ。沢山のフレンズとドッタンバッタン大騒ぎ!楽しいかばんちゃんはポカポカ陽気にウトウトしてしまいます。ふと気付くとそこは動物園のサーバル園の前。怪訝な顔で覗き込むサーバルキャットにビックリするかばんちゃん。「○○ちゃん!」後ろから先生が声をかけます。かばんちゃんは小学校の遠足で動物園に来て居眠りをしていたのでした。「サーバルちゃん、また来るよ!」○○ちゃんと呼ばれたその子は現実へと帰って行くのでした。

はい。夢オチです。フレンズという概念を消化するのは困難と思い、このエンディングを想像していました。今から考えるとホントこれ製作スタッフをバカにしてますよね。自分自身こんなことを考えてしまったことを悔やみたいくらいです。

2つめは、悲劇的なシナリオ。実はかばんちゃんはサバンナに墜落した飛行機事故の唯一の生き残り。しかし記憶は喪失し自分が何なのか全く分かりません。それでも友達になったフレンズ達と生き残ろうと懸命にもがきます。しかしヒトは大自然には無力。トラブルに遭う度にかばんちゃんを生かすためにフレンズ達は次々に犠牲になってしまいます。飢えに苦しむかばんちゃんに対して、最後の手段と自らの命を絶ち肉を差し出すフレンズ達。泣きながらその肉を食し、ヒトが生きると言うことの厳しさをかばんちゃんは思い知ります。そして最後にサーバルちゃんとかばんちゃんの二人だけになってしまいます。サーバルちゃんは大切なかばんちゃんのために血肉を差し出そうとしますが、遂にかばんちゃんが拒絶します。「もう友達を失うのは嫌だ!」そしてかばんちゃんとサーバルちゃんは二人で最期の時を迎えます(フランダースの犬のオマージュ)。最期にかばんちゃんが目にしたのは、待ち望んだ救助機から降り立つ救助隊の姿でした。

何でジャパリパークに当然適応しているサーバルちゃんまで一緒に死ぬねん!と自分自身にツッコミを入れたいくらい練り込まれてないどうしようもないシナリオです。最近デスゲーム系とか多くて、そうでなくても主要人物が途中で亡くなったりするシナリオが多いので、こういう路線もあり得るなあと思ってました。どちらにしても、中盤まで本気で私はこういうシナリオになるのではと推測してました。サンドスターとかフレンズという存在に関して全く進展を予想してませんでした。ただ動物を女体化するための記号でしかないと思っていたのでした。

視聴再開したのは第7話じゃぱりとしょかん

さて、あまりにみんなすっごーい!すっごーい!言うので、観なきゃアカンか…と思い録画予約して観たのが第7話「じゃぱりとしょかん」でした。あれ、あんなに行きたがってたとしょかんって最終回じゃないんだ。そんな思いで見始めました。見終わってまず気付いたのが、ああ、ヒトって動物にはない知恵があって素晴らしい動物なんだなあという、ここまでちゃんと見てきたフレンズには当たり前の感動でした。そこから数話見ていって、この世界(ジャパリパーク)のフレンズ達は猜疑心を持つことなく互いの長所、得意なことを褒め合う素晴らしい(優しい)世界なんだなあということが心に残りました。ここの時点で、他人を見下し罵り合う現実世界の人間に対するアンチテーゼ、いわば理想郷をジャパリパークに感じ、私も「けものフレンズ」にのめり込んでいくこととなりました。

続く。

 タイトル画像は私が昼休み会社を抜け出して川崎のヨドバシカメラに買いに行ったけものフレンズBD付きオフィシャルガイドブック1巻と、先日konozamaされたり前倒されたりドッタンバッタンの後に販売日翌日に手に入ったけものフレンズBD付きオフィシャルガイドブック2巻。間違っても転売屋から買っちゃダメだよ!

 

 

けものフレンズと私

f:id:R_I:20170410222033j:plain

こんなにハマったの、いつぶりだ?

という感じでドハマりしました。前もってはっきり書きます。この記事は私の懺悔を含みます。最低の先入観でこの作品を捉えてました。

これって、はっきり言って「てさぐれ」だよね?

この作品のファーストインプレッションであり、長く私の認識を支配していたのはこれでした。これ以外の感情を許しませんでした。僕自身、監督のたつきさんの名前は「てさぐれ!部活もの」でよく知っていて、gdgd妖精's以来続く石舘監督のメタな中の人ネタや時事ネタなどを継承している監督だと思ってました。事前告知番組も実は見ていたのですが、金朋地獄でしかなかったのも拍車を掛けました。この時点で、1話も見ずにイメージが固まってしまっていたのです。

実は1話は途中までちゃんと見ていた

ここで編成上私にとって不運な出来事が訪れます。けものフレンズはTXの火曜25:35~なのですが、tvkの火曜25:00~私の知り合いであり自転車仲間でもある(と言ってしまって大丈夫だろうか・汗)松本規之先生が原作を描いた「南鎌倉高校女子自転車部」が同クール同曜日に放映され、しかもそのtvkで「南鎌倉高校女子自転車部」のあと25:30~私の出身地である福岡の人気ローカルバラエティ番組「ゴリパラ見聞録」が放映されていたのでした。つまり、この火曜25:00~26:00の1時間は「南鎌倉高校女子自転車部」と「ゴリパラ見聞録」で私の頭の中はスケジュールが確定してしまっていたのでした。

 さて、こんな状態で第1話が放映されます。私は「けものフレンズ」をてさぐれだと思っているので、中の人ネタを多大に期待していました。しかし私の目に映ったのは、ヒトがサバンナのど真ん中に置き去りにされ、女体化した動物(アニマルガール、アニメ作品に於いてはフレンズと呼称)と一緒に(サバンナのような大自然にあり得ないであろうし動物が利用することもないであろう)「図書館」に行こうとするという、私の頭の中の常識を外れた奇怪な作品だったのです。途中で入る本物の動物の紹介(いわゆるしんざきおにいさんのパート)はおそらくてさぐれにおけるメタネタの様なものと捉え、サーバルの中の人が有名声優ではないから(尾崎由香さん本当に失礼しました)中の人ネタが使えないのかな?という発想にまで至り、後々とんでもない伏線となっていた木登りの辺りでチャンネルを変えることになりました。木登りはヒトが大自然で生きていけない象徴だと思ったのです。そして、この作品は追わなくていいやと「一話切り」をすることになります。

周囲がドッタンバッタン大騒ぎし始めたよ!

そんなこんなで「けものフレンズ」を見なくなってしばらく経ち、ネットでは色々と「けものフレンズ」の内容が物議を醸し始めてきました。IQ低いフレンズの発言と裏腹にEDで使ってる画像が廃遊園地の写真である点、そもそも本編に出てくる風景が廃れ寂れた光景であるなどが話題になり始めてました。それでも私は、そういう演出なんだろう、深い意味は無く、衒学趣味なのかもしれない。そういう失礼な憶測で「けものフレンズ」を捉えていました。ちょうどこの頃、私の友人が企画主催した大洗新年会がガールズ&パンツァーの聖地である大洗で開催され、このときにそれまでの話を一気にみんなで見たのですが、このときも残念ながらこの憶測は変わらなかったのでした。

 

この憶測が間違っていることを私が理解するのは、第7話「じゃぱりとしょかん」を自分で初めて録画して見た時だったのでした。

続く。

 

 タイトルの画像はこの3冊。少年エースはもう次の号が出てしまってますね。

コンプティーク 2017年5月号

コンプティーク 2017年5月号

 

 

少年エース 2017年5月号

少年エース 2017年5月号