架空自転車旅行社「ひとつな」

「ひとつな」の中の人であり、同人サークル「沙杏院project.」の中の人でもある石谷玲(いしや れい)が独り言をつぶやいているブログです。

神保町のつけ麺屋「つけ麺さとう」

水道橋で遊んだ後、神保町に移動して、ふと目についたつけ麺屋に入ってみます。


太麺は池袋大勝軒の系列店(亜流、パクリ含む)の特徴ですね。ばくだん屋とかの広島のつけ麺は中細の中華麺を使っていた記憶があります。今日は麻婆つけ麺750円とゆで餃子2個100円のトッピングを注文。

卓上には削り粉のトッピングがありました。これは割と珍しいような。お好み焼き屋みたいですね。

麻婆つけ麺が来ました。赤い!赤いよ!辛そう!

つけ汁の中身。味玉が半玉にネギ、メンマ、チャーシュー。

トッピングの餃子も2個入ってます。この餃子は本格的で美味しかったです。つけ麺って食べてると味が単調に感じられがちなんですが、餃子が箸休めのような役割になりました。個人的にはこのトッピングはおすすめです。
 
で、肝心のつけ麺の方がどうだったのかと言うと、大勝軒系の店らしくやや酸味がありながら出汁がよく取れててコクもあり美味しかったです。真っ赤に見えますが実際に食べてみると全然辛くなかったです。個人的にはもうちょっと辛くても良かったのですが、辛さが苦手な人にも抵抗無く食べられる味だと思います。ちょっと狭めのお店ですが、書籍関係やアウトドア関係、スポーツ関係など神保町でお買い物をした後はここで舌鼓を打ってみるのも如何でしょう。ちなみに大盛り(500gらしい)を注文してみましたけどあっさり完食しました。むしろ足りないと感じるくらい。大盛りまでは通常料金、特盛り(700g)は100円増しだったかな。