架空自転車旅行社「ひとつな」

「ひとつな」の中の人であり、同人サークル「沙杏院project.」の中の人でもある石谷玲(いしや れい)が独り言をつぶやいているブログです。

日本橋三越前の陳麻家の「情熱担々麺」が恐ろしく辛くて尋常ではない件

私、陳麻家はそんなに高い評価じゃなかったんです。それほどじゃない陳麻飯と担々麺の店って認識で。今日もタイヤ買った後で、休憩がてら、そこにあった陳麻家に入ったわけです。 
メニューを見ると「情熱担々麺」という名の真っ赤な担々麺が。野菜が乗っていて、担々麺と言うよりは湯麺って感じなんですが、辛いものには目がない私は思わずそれを注文「してしまった」わけです。あと、他の陳麻家では見たことない棒餃子も。
 
来ました。棒餃子。エビが入っててぷりぷりしてて、本格的。旨い。
担々麺。スープを飲んでみる。あれ、いつもの陳麻家の担々麺よりいけるやん。あ、ちょっと辛い。あれ、辛い。結構辛い。結構というかとんでもなく辛い…つか、
 
 
何だこの辛さ!
 
 
いや、陳麻家というチェーン店でこんな本格的で、マジでとんでもなく辛いメニューが並んでいるとは思いませんでした。あまりに辛くて口が麻痺してしまい、旨かった棒餃子の味が分からなくなってしまいました。
 
こんなメニューがあるとは知らなかった。さすが陳麻家とはいえ都会の一等地日本橋三越前のお店だ。