架空自転車旅行社「ひとつな」

「ひとつな」の中の人であり、同人サークル「沙杏院project.」の中の人でもある石谷玲(いしや れい)が独り言をつぶやいているブログです。

M-1グランプリ本戦

前半は外に食事に出てて見てませんでした。外出先でワンセグ付けると「敗者復活はNON STYLEに!」という見出しが出ててすっかり見る気を無くしてしまいました。
 
取り敢えず帰ってくると5番目の笑い飯が始まったところ。見ててそんなに面白くなかったんですが何故か審査員が馬鹿笑いしているところがカットインされている。審査結果は高得点、島田紳助は掟破りの100点満点!何故?笑える漫才なら納得できたのに。
 
6番目は初出場のハライチ。キャンパスナイトフジで毎週見てますが正直面白いというイメージが全くないハライチ。凄く不安になって見てました。出だしの犬が轢かれたネタですっごく不安になってしまいましたが、岩井のつぶやきにDT澤部がひたすらオーバーに突っ込むさまぁ〜ず三村並の動きで徐々に面白く感じてきました。悪くはなかったと思います。
 
7番目はモンスターエンジン。あれ、何やったか全然覚えてない。笑ってはいなかった。
 
8番目はパンクブーブー。オリラジのスタイルを洗練させ進化させるとこうなるんだろうなと言うスピード感とユーモアに溢れたコント調漫才。ここは面白かった。福岡吉本出身であることは知ってましたがそれを抜きにしても好感持てました。
 
9番目に敗者復活のNON STYLE。個人的にはイマイチだった。まあ敗者復活戦と全く同じネタをやっていたからと言うこともあるんですが、敗者復活戦の時も笑ってなかったです。巧いんだけど、面白くない。
 
結果は笑い飯パンクブーブーNON STYLEが決勝進出しました。これで3年連続敗者復活が決勝進出する結果になりました。ちょっと審査方法見直した方が良いんじゃないの?
 
決勝戦。NON STYLE。1本目に続いて駄目。パンクブーブー。凄いハイレベル。笑い飯チンポジ。私の中ではパンクブーブーがダントツだなあと思っていたら審査員全員パンクブーブーに投票しチャンピオンはパンクブーブーに決定しました。最後の結果はまあ納得いくものだったので安心しました。それにしても昨年の優勝者NON STYLEは全然TVに出てなかったなあ。サンドウィッチマンの時とかチュートリアルの時はTV露出凄かったのに。
 
最後に、100点付ける審査はやめい島田紳助。それと東国原知事は審査結構です。執務に専念してください。