架空自転車旅行社「ひとつな」

「ひとつな」の中の人であり、同人サークル「沙杏院project.」の中の人でもある石谷玲(いしや れい)が独り言をつぶやいているブログです。

バドミントン男子の田児選手の話題が今、報ステで

スポーツマン時代の(こらお前ら笑うなw)私のバドミントンスタイルに凄い似てる。私は敢えて打つ時にスイートスポットを外してフレームの近くで打ったり、寧ろフレームで打ったりしてました。手首をちょっとひねったまままっすぐ打つと視線と全く違う方向にシャトルが飛んでいくんですが、そういうこともよくやってました。一人時間差ももちろんやってましたよ。これはバレーボールも少しだけ得意だったので全く同じ感覚でやってました。ほら、俺バレーやってる時、トスあげなきゃいけないのにツーアタックよくやってたでしょw>中学高校時代の友人、て見てないか。
 
非力な私がスポーツで貢献しようと思うと、そう言う「騙し」のテクでやっていくしかなくて、それで独力で編み出した「ズルい技」だったんですが、田児選手みたいに世界に通用するレベルまで昇華させるのは素晴らしいなと思います。
 
そんな私も、もうスポーツやれるような身体じゃなくなってしまいました。信じない人は信じなくて良いですよ。過去そう言う人間だったと証明できる物なんて何一つありません。大学の時に箱崎の電気系機械系の校舎の中庭でバドミントンやって、全く足が動こうとしてくれなかった時にスポーツは諦めましたから。