架空自転車旅行社「ひとつな」

「ひとつな」の中の人であり、同人サークル「沙杏院project.」の中の人でもある石谷玲(いしや れい)が独り言をつぶやいているブログです。

六厘舎TOKYO

そう言えば店舗営業している六厘舎はもうここだけになったんですね。
 
あれから20分くらいで店内に入れました。ドアのところに食券の券売機が有ります。今回は初めてなのでオーソドックスに…いきなり辛つけ麺を(笑)。あと大盛、味玉入り。
 
最初に辛味が来ました。

タダの一味唐辛子?ではないようで、ゴマや桜海老を合せて寝かして風味を増してる様な感じです。ちょっと舐めてみましたが割とピリピリ辛味が伝わってきました。あまり舐めない方が良さそう。
 
つけ麺がきました。

つけ汁には沢山のメンマ、豚が二種、薄切りチャーシューと角切りの塊。それぞれ肩ロースとモモ肉かなあ。あと六厘舎の代名詞、海苔とその上の削り粉。つけ汁自体の量はそんなに多くないです。麺は極太ですが縮れはなくコシが凄い。卓上には本物の一味とあと柚子の粉、グレープフルーツ酢と言う実際にグレープフルーツの実が入った酢。柚子はスープ割の時に入れるものらしい。
 
食べてみるとこの魚介豚骨のつけ汁が極太麺によく合う。何処かで…と思ったら、三田製麺所に近い感じ。つけ汁は三田製麺所ほどドロドロではない分食べやすい。確かに行列ができるだけある。大勝軒よりもこっちの方が支持率高そう。スープ割も美味しかったです。つい先日やすべえに行ったばかりですが、つけ麺は奥が深い。グレープフルーツ酢とやらを入れてみるとさっぱり感アップ。気にしていた酢の
ツンとする感じもあまりなかった気がします。
 
もう一つ良かったのがサービス。お冷は目の前にボトルがあるのに、少なくなっているとわざわざスタッフさんが注いでくれました。入り口の近くに座っていたからかもしれませんが、近くのスタッフさんが「シメにスープ割はいかがですか?」「グレープフルーツ酢もお試しください」「今日は普通盛りでしたが量少なくありませんでしたか?」など常に客に対して声をかけてくれていたのも好印象でした。また、つけ汁の量が減っているのを見て、「汁お足ししましょうか?」と声掛けてくれたのが個人的に一番印象に残りました。つけ汁を足してくれるラーメン屋は私は初めてです。しかも足してくれたつけ汁の中に角切りの豚を一個入れてもらってました。メンマも足してくれてました。具までオマケにサービスしてくれるところはポイント高いですよ。
 
ということで六厘舎、堪能させていただきました。あと、スタッフの中国人の女の子が可愛いかったのもポイントがw