架空自転車旅行社「ひとつな」

「ひとつな」の中の人であり、同人サークル「沙杏院project.」の中の人でもある石谷玲(いしや れい)が独り言をつぶやいているブログです。

カラシビ味噌らー麺鬼金棒

蒙古タンメン中本が強い勢力を保っていた辛旨ラーメンのジャンルに殴り込み、一躍話題のラーメン店となっていた「カラシビ味噌らー麺鬼金棒」です。今回初めて行きました。
 
メニューはカラシビ味噌ラーメンのみ、その「カラ(辛)」と「シビ(痺)」を何段階か選ぶことができます。私は追加料金なしで頼める最も強めの「増し増し」をコールしました。最初だからオーソドックスに普通で注文すればいいものを…あ、あと味玉も注文。
 

到着しました。辛そう。スープは味噌だけど背脂っぽいものが乗っています。それに山椒を効かせたオイル、更に唐辛子と山椒が振られています。トッピングは追加料金の味玉とあと豚の角煮。角煮旨い。炒めモヤシ。ネギ。あと焼いたヤングコーンも乗ってます。金棒のイメージかな?
 
スープ飲んでみました。あ、辛いけど旨い。そして山椒で舌がピリピリ。んでまた辛い。この「増し増し」はかなり辛いです。ですが、スープの味を感じられるギリギリの辛さだと思います。これ以上辛くすると味がわからなくなりそう。味噌ではありますがスープのだしの味も感じられて、個人的には結構好きな類です。麺は太めのストレート麺。硬さはちょうど良く、スープの乗りもいいです。
 
個人的にはかなり高い点数を上げられるラーメンでした。でももっと味わって食べるにはカラシビを普通にしないとダメだな。辛いものを見ると見境がなくなるからなあ俺(笑)