読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

架空自転車旅行社「ひとつな」

「ひとつな」の中の人であり、同人サークル「沙杏院project.」の中の人でもある石谷玲(いしや れい)が独り言をつぶやいているブログです。

インクプルーフ(紙質改善)版のロイヒトトゥルム1917の紙質を調べる

先日銀座で買った、モレスキン代替候補のロイヒトトゥルム。このハードカバーノートの紙質がどうかを調べてみました。使う筆記用具は日常的に使っている以下のもの。
・LAMY2000FP(インクはモンブランのミッドナイトブルー(古典ブルーブラック))
・エナージェルユーロ0.35黒と赤
ぺんてるサインペン赤
 
まずは書いてみます。

LAMY2000で「裏抜けテスト」の「け」「テ」「ス」の字、塗りつぶしたマス、「滲み、ヒゲテスト」の「ヒ」以外の全ての文字でヒゲが確認できました。エナージェルユーロは問題なし。サインペンは元が太いので特に問題は見られませんでした。
 
裏はこうなります。

裏抜けは確認できず。
 
もう少し頑張ってくれると期待してたのですが、ちょっと残念な結果に。ちなみに厚さはモレスキンもロイヒトトゥルムも80gで同じ。私自身の率直な結論を言うと、わざわざ銀座まで行って買ってくるレベルじゃないかな、と。エナージェルユーロを使えばいいじゃないという意見もあるかも知れませんが、エナージェルユーロならモレスキンでも大概きちんと書けるのです。ということでプライベート用は今まで通り90gベラム紙で高い品質を誇るクレールフォンテーヌのポケットノートを使おうと思いました。ロディアとクレールフォンテーヌからは離れられそうもないですね。