架空自転車旅行社「ひとつな」

「ひとつな」の中の人であり、同人サークル「沙杏院project.」の中の人でもある石谷玲(いしや れい)が独り言をつぶやいているブログです。

サイクルモードで小径車三昧!

毎年この時期恒例のサイクルモード。今年も幕張メッセに行ってきましたよ!気兼ねなく色んな珍しい自転車に乗ってみようと思います。と言ってもメインはBD-1STRIDAストライダ)なんですけど。
BD-1
 あまりに毎年恒例だったので写真撮り忘れた。乗ったのは9-speedモデルのハイポリッシュだったかな。若干クイックですが相変わらず安定感が半端無い。バランスが取れてると言いますか、やっぱり折り畳み自転車で強く勧めたいモデルはブロンプトンBD-1だというのを再確認しました。街歩いていてもたまにBD-1で車道をすいすい走ってる人見かけますからね。
 
STRIDA

 この三角形が特徴的な自転車。これも折りたたんで楽に運ぶことはできます。安倍吉俊先生がたまにこれで走ってるらしい。相変わらず乗り味が特殊で、最初数秒戸惑ってしまう。軽く脚を投げ出して漕ぐようなスタイルで、前傾を全くしないのでハンドルに体重が乗りません。そのせいで私個人としては安定して走れないという不満点があります。たまに乗るなら楽しい、なのでサイクルモードの時にがっつり乗ってる訳です。
 
・Tyrell PK1

 チタンフレームのTyrellのミニベロロード。個人的にはこれが一番乗ってて楽しかった。何この安定感。ビンディング履いてる訳でもないのにあまりにも軽くスムーズに走り出し、思った通りに加速してくれる。私、これ乗ってて笑いが止まりませんでした。やべー何だこれ、面白い!欲しい!でも完成車で60万ですよ。ほえー。
 
ブロンプトンSハンドル

 私が持ってるMハンドルよりもスポーティーに走れるモデル。S6Lに乗せて貰いました。BD-1とTyrell乗ったせいか、そこまでMハンドルと乗り味変わらない…あと変速はどうしてもBD-1とTyrellにはかなわないなあ。それだったらMハンドルの方が良いんじゃ。
 
試乗のためだけにこのイベント来ても良いと思います。店の試乗会だと壊しちゃったらどうしようとか考えちゃいますしね。