読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

架空自転車旅行社「ひとつな」

「ひとつな」の中の人であり、同人サークル「沙杏院project.」の中の人でもある石谷玲(いしや れい)が独り言をつぶやいているブログです。

モーレツ宇宙海賊イベント「弁天丸職員大納会」(20:00〜23:00於新宿バルト9)

アニメ

事前にファンの投票で選ばれた回を上映するセレクション上映とゲストの小松未可子(加藤茉莉香役・遅刻)、松風雅也(ケイン役)、松岡禎丞(三代目役)、佐藤竜雄監督のトークショー、クイズコーナー。MCはLF(ニッポン放送)アナの吉田尚記(ヨッピー)。
 
参加者全員にCREW ONLYの文字の入ったクリアファイルとステッカー五枚のセットがプレゼント。

 
セレクションで選ばれた4話は、
SAILING 05 茉莉香、決意する
SAILING 12 永遠(とわ)よりの帰還
SAILING 21 決戦! ネビュラカップ
SAILING 26 そして、海賊は行く
 
私は関係者席除く最前列のほぼど真ん中という好ポジション。お陰で何のストレスもなくスクリーンは勿論、壇上のトークショーも見ることができました。
この4話はそれぞれ各ストーリーの最終話に当たる話なので、これらを連続して劇場スクリーンで見ることができて感無量。笹本さん原作のガチガチのSF話なので、合計100分の長丁場ですが見てて飽きることは全くありませんでした(後半2話の上映の前に遅刻の小松未可子を除くゲスト3人+ヨッピーのミニトークコーナーあり)。やっぱりモーパイは面白い。放映中はあまり評価を聞くことがなかったように思いますが、安定して面白く、ここ近年のアニメではトップクラスの出来だったように思うのです。また、最終話で劇場版の製作をにおわす描写がありましたが、「2014年冬公開」の発表もありました。なお、「2014年冬」がいつなのか(極端には1月なのか12月なのか)は不明。
 
トークコーナーは怯えたリスのような松岡禎丞を他の出演陣が弄る(特に松風雅也とヨッピー)展開。松岡禎丞は以前私が参加したサテライトアニメナイト(2012-05-02 - ひとつな 〜石の字の人の日記帳〜)でもその激しい人見知りぶりが話題になりましたが、もう人見知りを超えて挙動不審に映るその振る舞いに爆笑が絶えませんでした。松風雅也は私はどうしても電磁戦隊メガレンジャーのメガブルーなんですが、その後声優業を始めて、私が好きだった「地獄少女」での演技を聞いて、ああ行けると確信したものです。その後もタレント業を並行して進め、TXで深夜の通販バラエティ番組やったり現在でもtvkで生放送のレギュラーを持っているせいか話術が素晴らしく、今日も観客や松岡禎丞を煽りまくります。クリアファイルの「CREW ONLY」の文字を取り上げて「皆さんも弁天丸の職員の一人です!」「2014年冬、弁天丸は再び出航します!」など、この人がいたから今日のイベントは締まったんだなあと思いました。みかこし(小松未可子)は天然。マイクを持たずに発言するみかこしをヨッピーが窘める場面も。
 
ビデオレターという形で花澤香菜戸松遥が出演。花澤は背景に何故か掛け軸。温泉旅館みたいなところで収録していて、私も出演陣も「何処なのか謎でしたね」と言う感想。
 
もうオフィシャルサイトで見ることができますが、あきまんさん作の劇場版のキャラクターデザインが発表になりましたが、制服のデザインがTV版よりも凝ったことが話題になりました。個人的にはTV版よりも茉莉香やチアキが肉感的になったように見えて、肌の露出が増えた訳でもないのに「エロいなあ…」と。
 
トークが盛り上がりすぎたせいで時間が押しまくり、出演陣の鏡割りでイベント終了。終了が23時になってました。明日休みで良かった。個人的には前回のサテライトアニメナイトの時もそうでしたが非常に楽しく、神イベントだったと思います。松風雅也松岡禎丞の絡みが面白かったので、劇場版公開の暁には、今度は花澤香菜日笠陽子の絡みが見たいです。