架空自転車旅行社「ひとつな」

「ひとつな」の中の人であり、同人サークル「沙杏院project.」の中の人でもある石谷玲(いしや れい)が独り言をつぶやいているブログです。

今日ホークスの2013シーズンが終わりました。

最後は日ハムに3-0、東浜が完封勝利を挙げてくれました。
最終成績は4位。…このチームの目標順位って4位なんでしたっけ?そうじゃないのであれば、批判されて当然ですよね?最後に勝ったから「来年に向けての光明が見えた、良い終わり方で締めくくったんだから批判は無し!」なんて言いませんよね(何様のつもりだ!結果論だ!は無しで宜しくお願いします←ここ重要)。
 
さて、戦前、先発投手が豊富だなんて言ってたのは誰でしょうか。その中でシーズン終了まで残ってたのは?攝津は最後の最後で壊れました。帆足はまだ意地を見せてくれましたか。パディーヤは何をしてくれましたか?大隣は仕方ないにしても、それ以外の先発投手は全滅ですよね。先発投手は「足りなかった」んじゃないですか。先発投手が居ない中で、よく優勝候補だなんて言ってくれました。この結果は実力相応のものだったと思います。こんなもんです。評論家なんて。こんなに怪我するなんて、こんなに結果が出ないなんて思わなかったと言い訳するのはやめてほしいです。ただ、武田の不振だけは認めます。予想外でした。何か今年入ってきた元西武の某投手コーチのスパイ工作だって言われてますね。事実無根だとしても、責は負うべきかと。
 
打線は、長谷川が200本安打できなかったそうです。江川、柳田、中村(あとトゥーシェンかなあ)が一軍の戦力に躍り出てくれましたが、一方で、大事な戦力だった多村を返上してまで獲得した吉村が短期間のプレーで沈みました。スペランカー多村以下の稼働率です。凄いですね吉村。あと松中さんってまだ雁ノ巣で謹慎してるんですか?プレーで見返そうという意地もないんですか。そうですか。チャンスを貰えなかったという、若手のような言い訳はしてませんよね?
 
監督の進退問題を問う声もありますが、投手起用のまずさは今に始まったことじゃないでしょう。それでも日本一になったんだから、今更それを言うべきではないと思います。あの時は秋山監督賛美の声ばかりでした。ただ、それとは別に、今年の戦力はAクラスに入れるレベルではありませんでした。コーチがもう選手を育成できないのであれば、非力な選手でも勝利をもぎ取れる監督を擁立すべきと思います。今年見てて、秋山さんはその器ではないと思います。秋山さんを続投させるなら、コーチ陣の刷新を。コーチ陣を刷新できないなら監督更迭を。同じ轍を来年も踏むのは勘弁して欲しいです。
 
三軍制は一軍の戦力増強に何か寄与できましたでしょうか。今三軍制の結果を求めるのは時期尚早でしょうが、結果が出ないなら早めに三軍を解散して余剰戦力をカットした上で、浮いた運営費(人件費はそうでもないはず)で一軍レベルの選手を一人、他球団もしくは海外から獲得して下さい。あ、いまの外国人スカウトはクビでも良いです。楽天はジョーンズとマギーを獲得して優勝しました。ラヘアーという選択肢は果たして正解だったんですかね。いまの外国人スカウトさん。
 
仕方ない、しゃーない。いい加減この言葉を免罪符にするのはやめて下さい。結果が出ないのは神のいたずらでも不可抗力でも無いでしょ。サイコロ転がして勝負してる訳じゃないんです。「負けに不思議の負け無し」というホークスOBの言葉を理解して下さい。毎試合勝てなんて言わないが、勝たなきゃいけない試合で勝たない(not勝てない)からこうなる。
 
今回、かなり辛辣に書きました。でも、それだけのことを言われても仕方ないチームが今年のホークスと言うことを理解して戴ければ幸いです。