読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

架空自転車旅行社「ひとつな」

「ひとつな」の中の人であり、同人サークル「沙杏院project.」の中の人でもある石谷玲(いしや れい)が独り言をつぶやいているブログです。

コミックマーケット85(冬コミ)3日目東P-46a「沙杏院project.」の頒布物のお知らせ(12/25更新)輪行のことをちょっとだけ真面目に考えてみよう。フォールディングバイクのインプレもあるよ。

コミケ

今回の冬コミも弊サークル「沙杏院project.」は3日目(火)東地区P-46aにてサークル参加致します。
 
今回の頒布物をお知らせ致します。
 
新刊「最近、輪行のようすがちょっとおかしいんだが。」(頒価\300- A5版オフセット)

 
毎回折りたたみ自転車で聖地を旅する「聖地輪行!」シリーズの9巻目は、今年に入ってブロンプトンなどのコロコロ輪行できる自転車界隈を中心に物議を醸すようになった輪行というアクティビティについて、ちょっとだけ真面目に考えてみようという本になりました。件のJRのポスターや鉄道会社の営業規則を読み直し、明文化された「ルール」と、ルールにはなっていないが守るべきだろうと考える「マナー」という2つの視点から状況を整理しています。この問題はコロコロ輪行できる一部の自転車のオーナーだけの問題ではなく、輪行を嗜むサイクリスト、更に言うとサイクリスト全体の、非サイクリストとの付き合い方にも波及する問題だったりします。是非、皆さんで一度考えてみては如何でしょうか。
 
また、輪行に使えるフォールディングバイクを選ぶ上で参考になればと思い、今年のサイクルモードで試乗したミニベロのインプレを掲載しました。フォールディングバイクやミニベロが欲しいけど何を選べば良いか分からないという方には是非読んで頂きたいと思います。
 
既刊も若干数持って行きます。ご一緒に如何でしょうか(全て頒価\300-「ガールズ&ブロンプトン」のみA5版オフセット、他全てB5版コピー誌)。
既刊・大洗聖地輪行本「ガールズ&ブロンプトン」(コミケ84(2013年夏コミ)初出)
既刊・木崎湖聖地輪行本「おねがい☆ブロンプトンツインズ」(コミケ83(2012年冬コミ)初出)
既刊・春日部鷲宮幸手輪行本「ぶろすた-brompton star-」(コミケ81(2011年冬コミ)初出)
既刊・千葉幕張輪行本「俺のブロがこんなに可愛いわけがない」(コミケ80(2011年夏コミ)初出)
 
自転車ジャンルや聖地巡礼ジャンルに立ち寄った際には、是非3日目(火)東地区P-46aの弊サークル「沙杏院project.」にお越し下さい。1/6ブロンプトンミニチュアモデルが看板です。

TyrellのFSXのインプレもありますよー。