読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

架空自転車旅行社「ひとつな」

「ひとつな」の中の人であり、同人サークル「沙杏院project.」の中の人でもある石谷玲(いしや れい)が独り言をつぶやいているブログです。

劇場版モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE 亜空の深淵(以降、劇場版モーパイ)を初日に観てきました&舞台挨拶も

この作品、今年一番かも知れない。
 
池袋HUMAXシネマズの舞台挨拶の回(11:20〜13:00)のチケットが取れていたので行ってきました。しかも最前列のほぼ真ん中の席。もしかしてみかこし(小松未可子さん)のド真ん前じゃないですか?と思っていたら、本当に目の前のステージに「小松様」と書かれたバミが。もう期待大。
 
まずは劇場版モーパイの本編。内容のことは書けないのでそれ以外に思ったこと(観た直後にツイートしたこと)を書くと、作り込みが半端じゃない。細かい表情や仕草もTV版に増して良かったし、何より音楽(劇伴)が素晴らしい。90分?95分?の作品でしたが、一度も飽きることなくスクリーンに引き込まれてました。お陰でドリンクに手が伸びなかった。まあそれはいいか(笑)。
あと、劇中歌のみかこしのsail awayが名曲。これがかかるタイミングがまた絶妙なのです。この曲を作ったのはangelaなのですが、いい曲作るわ。佐藤監督が全幅の信頼を置くだけあります。佐藤監督曰く、曲に関して大前提にあったのが「angelaに作ってもらう」だったらしいですから。
また、メカもモニタ画面も素晴らしいのです。SFファンとしてはいいもの見れたなあと言う満足感もありました。SFと美少女を絡めさせたらもう佐藤監督の右に出る男はいません。まさに私のストライクゾーンド真ん中にド直球でぶち込んでくる作品なのです。舞台挨拶で笹本先生(モーレツ宇宙海賊の原作であるミニスカ宇宙海賊の作者)が、何もしていない(劇場版はオリジナルシナリオ)のに私が一番の役得と語ってましたが、その表情は笑みに溢れていて非常に満足そう、幸せそうでした。
で、最後に舞台挨拶。壇上には会場から向かって左から、佐藤監督、みかこし、金元寿子さん、笹本先生。MCはキングレコードの我らがスドキングこと須藤さん。みかこし可愛かったし、網タイ(網タイの様に見えるストッキング)がエロかった(笑)。でも最前列だと視線を落とす訳にはいかんのですよ。真ん前だしね。しかし、私の好きな監督さん(佐藤監督)、好きな声優さん(みかこし)、好きなSF作家さん(笹本先生)、ついでに一目置いてる宣伝マン(須藤さん)が並んだ舞台挨拶ってのも、何て俺得!て思いもあったり。金元さんも嫌いじゃないですよ念のため。
 
SF好きなら是非見て欲しいし、そうじゃなくても見て損はさせない。いい意味でのスペースオペラだと思います。劇場版モーレツ宇宙海賊、是非どうぞ。