読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

架空自転車旅行社「ひとつな」

「ひとつな」の中の人であり、同人サークル「沙杏院project.」の中の人でもある石谷玲(いしや れい)が独り言をつぶやいているブログです。

おねがい☆木崎湖 キャンプ4日目〜チキンカツと2度目のパンク〜

今日が木崎湖滞在最終日。



今朝は若干雲が多いですね。今日も天気崩れるのかな?
 
寝袋を袋に突っ込みマットをくるくる巻き袋に突っ込み色々やってバンガローの中を片付けます。キャンプ用品一式はモンベルのLWダッフルバッグ40に収めて管理棟で宅配便搬出の手続きをします。ここ木崎湖キャンプ場は荷物の搬入搬出を宅配便でできるので、すっごく楽です。だからこそ安心してロードバイクを輪行できる(余計な荷物を持たずにロードバイクと少々の身の回りのモノだけ持って輪行できるからね)。たまにはこういう場所があっても良いじゃないと私は思います。なので私にとっての木崎湖はリゾート地なのです。
あと私が使ってるモンベルのLWダッフルバッグ40、これ容量が40Lあるんですが、LightWeightの名の通り非常に軽く、畳むと小さくなります。でもダッフルバッグとしては丈夫でかつ持ち手とかもしっかりしていて、流石モンベルの製品だなあと実感します。当然これを担いで自走したり輪行したりは困難なので、車で移動できる場合や木崎湖キャンプ場の様に搬入搬出で宅配便が使える様な場所に限定されてしまいますが、これ一つあると本当に便利です。畳んで荷物に潜ませておき、お土産物とかで帰りの荷物がいっぱいになったらこれに不要不急な荷物を入れてコンビニで発送しちゃうと言う手も使えますしね。

 
片付けや発送が終わり管理棟の外を見ると、あぶみーさんがロードで走る準備をしているのでしばし歓談。あぶみーさんはそのまま嶺方(だったかな?)へ走り出しました。私も朝ライドしたいなーと思ってそのままGo。

木崎湖の北端の方。つい先日このアングルで撮った写真を某合同誌で使った気がするなー(笑)。

海ノ口駅。相変わらずここの置きノートには巡礼者の書き込みが絶えません。私も一言書いてきました。
 
木崎湖キャンプ場に戻ってくると、快晴!

この天気を待ってたんだー。
そんな中、でっかいトラックがやってきました。どうやら「とある番組」のリハーサルとのこと。「とある番組」のロケを木崎湖キャンプ場でやるそうです。


ちなみに、もうその番組は今(6/1)現在もう放映済みなので言ってしまいますが、みずほ桟橋の先にニセ桟橋を取り付けて、どっきりのターゲットの方がそこに乗ったあとモーターボートでニセ桟橋を引っ張り発進させ、更に湖に花火を取り付けて爆破する、と言うモノでした。
 
さて、腹が減ってきたので昼飯を食いに行きましょう。実は一昨日裏猫さんやケンイチさんと管理棟に行っている時に、とっちーさんと木崎湖周辺の美味しい店の話をしていて、気になるお店が数軒あったのです。そのうちの一つは洋食の店で、チキンカツがオススメなのだとか。昨日ケンイチさんが帰りにその店に行ったらしく、その店でのツイートを見て私も行きたくなっていたのでした。というわけでロードバイクでGo!
 
その店は木崎湖キャンプ場を出て国道147号線を南下、大黒町交差点を右折して少し走った先の右側にあります。西友のちょい先ですね。店の名前は「グルメハウス三ツ星」。ロードバイクで走るとそんなに距離は感じませんが、徒歩だとちとキツいかも。木崎湖キャンプ場から5.4kmありますし。レンタサイクル借りるか北大町駅まで大糸線に乗った方がいいかな。
 
で、そのチキンカツですよ。

ファッ!?

ナイフやコップ、モバブと比較。

切ってみたところ。肉汁がジューシー。てかこんなにデカくて分厚いのにしっかり中まで火が通ってる!なのに肉が固くなってなくて柔らかい!
食べてみるとこれが旨い!鶏肉にしっかり塩こしょうで下味が付けられていてこれだけでも食えるレベルなのに、更にカツにかけられているドミグラスソースがまた旨い!美味しいから食べてて全然飽きない。こんなにデカいのにぺろりと平らげてしまいました。

私はこの、とっちーさんオススメの三ツ星を新しい木崎湖グルメの定番に挙げたい!と強く思いました。ちなみに…

何故か箸袋に今日の曜日が印刷されています。こんなお店、見たこと無い。うちの近くにも一軒店開いてほしい。
 
さて、その三ツ星から帰ろうとロードバイクにまたがって走り出したその時でした。急にビックリするほどハンドルがクイックに!ファッ!?まさか!歩道に自転車を上げて後輪を指で押してみると…空気圧が異常に下がってました。残念ながらパンクです。もうがっかり。初日にも小熊山の下山でパンクしましたね。ツールボトルにはチューブを2本入れてましたが、2本目を使う羽目になるとは…とほほ。大黒町の交差点まで押していき、三差路の角のところでチューブ交換。ハンドポンプでシュコシュコ空気入れて何とか走れる様になりました。もう色々とやる気ナッシング。取り敢えずまだ帰りの特急の時間まではかなりあるのでキャンプ場に戻ります。憂鬱。
 
キャンプ場の管理等でとっちーさんや立ち寄ってくれたローディーさんらと談笑。皆さんロングライダースを読んでいらっしゃる方ばかりで嬉しいです。私の自己紹介を、管理棟にあるロングライダース3.0で済ますことができます(笑)。帰りの時間まで全然暇を感じませんでした。本当今回の旅は初日以外ぼっちキャンプになる予定だったのに、気付いてみればぼっちの時間なんてあまりなくて、わいわい賑やかなひとときを過ごすことができて、幸せ。また木崎湖に来たいなあ。いや、今月末のAACRでまた来るわけですが(笑)。
 
時間になりました。皆さんにご挨拶して、ロードバイクで信濃大町駅まで下り、そこから輪行態勢に。大糸線松本駅まで戻り、腹減ったのでホームのそば屋でそば食べて立川の我が家へ、現実へと帰って行きました。