架空自転車旅行社「ひとつな」

「ひとつな」の中の人であり、同人サークル「沙杏院project.」の中の人でもある石谷玲(いしや れい)が独り言をつぶやいているブログです。

弊サークル沙杏院project.にお越し頂いた皆様、有り難うございました!

まずは、今回blogで告知が間に合わずどうもすみませんでした!Webカタログの更新で精一杯でした。
 
今回は弊サークル沙杏院project.にお越し頂き有り難うございました。今回はブロンプトン聖地巡礼から離れて、ロードバイクでGSRカップというエンデューロイベントに出場した思い出をまとめた本を作りましたが、どう評価されるのかが非常に不安でした。蓋を開けてみると、GSRカップに参戦した方が多く足を運んで下さって、コミケplus掲載もあり、今回の頒布数は前回を上回りました。皆様有り難うございました。
 
また、今回、私の様な境遇の方もたくさんお見えになりまして、その境遇故に躊躇してしまう思いもよく分かるところでして、そのような方々にも自信を持って「ロードバイクに乗っても大丈夫ですよ!」「折り畳み自転車に乗っても大丈夫ですよ!」「エンデューロイベントに出ても大丈夫ですよ!」と言える様な本となってくれれば、私も嬉しかったりします。きっかけは何でもいいし目的も何でもいいです。自転車の楽しみを共有できれば私としては嬉しいです。体重制限のある軽量カーボンは避けるべきだと思いますし、カーボンだろうとアルミだろうとクロモリだろうと他の人よりは寿命は早く来ると思います。ヒルクライムは他の人より体力が必要だし、ある程度の斜度以上は私の場合他の人の2倍以上の時間が無いと登れませんし激しく脚が攣ります。でも、間違いなく自転車には乗れるし、自転車に乗って楽しいと感じることは可能なんです。
 
さて、コメントにも書きましたが、次回4月のGSRカップも出場しようと思っています。コーナーを曲がるのが本当下手な私ではありますが、同じく第2回GSRカップに出場される皆様宜しくお願いします。ともに頑張りましょう!
 
次回の同人イベント参加の予定は、夏コミになるかやっちゃばフェス(もし次回があれば)になると思います。次回のテーマは未定ですが、そろそろ飯能にブロンプトンで行こうかなあとか思ってます。ですがもしかしたら城端の第2弾、むぎや祭編になるかも知れませんし、ロングライダース等で既に何度もネタになっているAACRにもなるかも知れません。過去に本を作った鷲宮木崎湖に対する思いも依然として強くあります(近年はネタが多くないので作りたいと思いつつ作れないというジレンマも)。今回も実は直前でテーマを変更しましたし、次回もどうなるか分かりません。
 
本年はご愛顧頂き有り難うございました。今後とも宜しくお願いします。


「最近、輪行のようすがちょっとおかしいんだが。」完売となりました。ちょっとだけ真面目に輪行のことを考えるひとつのきっかけになれば良いなあと思います。